▼SNSの老舗。ここで出会えなきゃもう出会い系やめれwww


「野球は、団体競技でありながら味方同士がパスを交換するような直接的なやり取りは少なく、逆に個人の力量が勝敗を左右」 はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 「野球は、団体競技でありながら味方同士がパスを交換するような直接的なやり取りは少なく、逆に個人の力量が勝敗を左右」


1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2015/11/30(月) 15:13:46.87 ID:CAP_USER*.net

プレミア12アメリカ代表ランドルフ監督

まず、「メッツの監督に就任するまで長くコーチ職を務めていましたね」と言うと、ランドルフは「経験こそいいTeacher(先生)なのは疑いの余地がないからね」と即答した。

 ランドルフだけでなく、メジャーリーグの監督を見ると、ほとんどがそれ以前にマイナーリーグで指導者経験を積むのが当たり前となっている。

なかには、マイク・マシーニー(元セントルイス・カージナルス監督)のようにコーチ経験なく監督になった例もあるが、かなり稀である。

「誰もが通る道さ」と61歳のランドルフは言い、こう続けた。

「もちろん人によって資質は違うし、置かれる状況も違う。しかし、いかなるシチュエーションであれ、経験こそがいい監督にしてくれるのは間違いない。

私の場合であれば、三塁コーチやベンチコーチも経験したし、その間、名将と呼ばれる監督に仕えることができた。だから、メッツの監督になった時はスムーズにできたし、十分準備ができていると感じていたよ」

 野球というスポーツは、他のスポーツとは性質を異にするところがある。団体競技でありながら味方同士がパスを交換するような直接的なやり取りは少なく、逆に個人の力量が勝敗を左右する部分があるからだ。

 その中で、ランドルフがチームを指揮する上で最も必要なことは「コミュニケーション力」だという。今回のプレミア12はマイナーリーグ所属の若手が中心のチームで、しかも招集されたのは大会直前だった。

そうした状況ではあったが、ある選手は決勝戦のあと、「招集された時は初めて出会った選手ばかりだったのに、今では昔から一緒にプレーしているような結束力を感じた」と語った。

 コミュニケーションの重要性をランドルフが説く。

「戦術的なことはもちろん大事だが、最も重要なのは選手たちのことを知ることだ。プレーするのは選手たちだからね。だから、私にとっては選手たちのことを把握することで、クラブハウス(ロッカールーム)をコントロールできるし、チームの一員であることをわかってもらえるんだ」

 これは今の時代において、なおさら大事なことだとランドルフは言う。

「私が選手だった頃はそうじゃなかった。昔は、監督に言われたことを黙って聞いて、それを実行するだけだった。でも今の選手たちは、役割を明確に教えてあげなければならない」

 今回、ランドルフのもとで三塁コーチを担ったアンソニー・サンダースは、01年にわずか1年だけだが横浜(現・横浜DeNA)でプレーした経験を持つ。

現在はコロラド・ロッキーズ傘下のマイナーリーグのチームで監督をしているが、ゆくゆくはメジャーの監督を目指している。

 サンダースにも監督の資質についての質問をぶつけると、「最も大事なことは野球に関する知識」と答えた。「野球を理解し、選手たちが結果を出すためにどうすべきかを考えること」と。要するに、野球を理解し、選手を知るという点で、ランドルフと同じ考えである。

一部抜粋
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151129-00010001-sportiva-base&p=2


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448864026
続きを読む
関連記事

▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!




PCマックス




ニュース速報まとめ | 【2015-12-01(Tue) 16:51:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 異論は認めるニュース速報まとめ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >