▼SNSの老舗。ここで出会えなきゃもう出会い系やめれwww


イタリアで再評価される「NAKATA」の衝撃 「サッカー史上で最も才能に恵まれたアジア人」 はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - イタリアで再評価される「NAKATA」の衝撃 「サッカー史上で最も才能に恵まれたアジア人」


1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/11/12(木) 14:30:19.58 ID:???*.net

ペルージャ、ローマ時代の全盛期で残した強烈なインパクト

1998年に当時のセリエAペルージャで鮮烈なデビューを飾り、ローマで日本人として初めてスクデット(リーグ優勝)を果たしたチームの一員となった、
元日本代表MF中田英寿氏がイタリアで再びスポットライトが当てられている。
イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では、かつてセリエAで活躍した選手を振り返る企画で日本サッカー界の革命児を特集している。

「ヒデトシ・ナカタ。イタリアで大きな成功を収めた最初の日本人選手で、1980年代に流行した「ホリー&ベンジー(人気漫画キャプテン翼のイタリアでのタイトル)」の10番を思い出させるような選手。
サッカー史上で最も才能に恵まれたアジア人選手。マッツォーネ監督のペルージャで爆発した」

こうした書き出しで紹介された中田氏。1998年のフランス・ワールドカップ後に21歳の若さでベルマーレ平塚(当時、現湘南ベルマーレ)から
セリエAに昇格したばかりのペルージャに移籍した中田氏は、シーズン開幕戦であるユベントス戦で鮮烈なデビューを果たした。

当時2連覇中の王者ユベントスは、前半だけで0-3と昇格組のペルージャを圧倒した。
本拠地のレナト・クーリには諦めにも似たムードが漂ったが、ヒデがそれを吹き飛ばす。
後半6分に当時イタリアで最高峰のGKと呼ばれていたアンジェロ・ペルッツィのニアサイドを抜く豪快なシュートを決めると、
続く同13分にはゴール前のこぼれ球を右足ボレーで叩きつけてゴールを奪った。
結果的にゲームは3-4で敗れたが、「NAKATA」の名はイタリア中にとどろいた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151111-00010010-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 11月11日(水)14時23分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151111-00010010-soccermzw-socc.view-000
イタリアメディアが中田氏を特集。ローマ時代のインパクトは今も鮮明に残っているようだ

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151111-00010010-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 11月11日(水)14時23分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151111-00010010-soccermzw-socc.view-000
イタリアメディアが中田氏を特集。ローマ時代のインパクトは今も鮮明に残っているようだ


https://www.youtube.com/watch?v=_vtLwNGpvCc


中田英寿 Hidetoshi Nakata AS Roma vs Udinese highlights

https://www.youtube.com/watch?v=g047BKpV8Bc


伝説の幕開け 中田英寿 セリエAデビュー戦で衝撃の2ゴール ジダン率いる王者ユベントス VS ペルージャ 1998

https://www.youtube.com/watch?v=OAe5h8FKCmc


中田英寿 Hidetoshi Nakata Perugia vs Bologna highlights

https://www.youtube.com/watch?v=sBeuMXR6Rpg


中田英寿 Hidetoshi Nakata Perugia vs Venezia 名波浩 Hiroshi Nanami

2 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/11/12(木) 14:30:30.62 ID:???*.net

イタリアメディア特集 「ローマ最後のスクデットはナカタが明るく照らした」

そして、同サイトで最も思い出深い一瞬として取り上げられているのが、ローマのスクデットを決定づけることになった一戦だ。
ローマに移籍して2シーズン目となった2000-01シーズンの5月6日。首位に立つローマは、勝ち点6差で2位から猛追するチームとの直接対決を迎えた。
この節目のゲームの相手は、奇しくもデビュー戦と同じユベントス。そして、この時もローマは0-2とリードを許した。

当時のファビオ・カペッロ監督は、後半20分に大エースであり永遠の王子であるMFフランチェスコ・トッティに代えて日本人MFをピッチに送り込む決断を下した。

そこからの25分は、イタリアサッカー史上でも伝説に残る特別な時間だった。
後半34分、ゴールから約25メートルの距離から右足を振り抜いた強烈なミドルシュートがユベントスゴールに突き刺さった。
そして、1点ビハインドのまま迎えた追加タイム。再び右足を振り抜いた強烈なシュートがゴールを襲うと、GKファン・デル・サールは弾きだすのが精一杯。
そこにFWヴィンチェンツォ・モンテッラが詰めて劇的な同点ゴールを決めた。
「ローマの最後のスクデットは、ナカタが明るく照らし出した」と紹介された1試合だった。このシーズン以降、ローマはセリエA優勝に届いていない。


バロンドール候補にも4年連続で選ばれる

「バロンドールとFIFA最優秀プレーヤーに4年連続でノミネートされたナカタ。彼はわずか29歳にしてサッカー界に別れを告げ、人生の旅に出た」

記事では、全盛期の活躍を懐かしんだ。パルマ、フィオレンティーナ、ボルトンなどを経て、2006年ドイツワールドカップ後に現役を引退した。
現在はサッカー界から少し距離を置いた活動を続けている中田氏だが、イタリアでは「ナカータ」の発音と共に、
その輝かしい足跡はサッカーファンの記憶と記録にしっかりと刻み込まれている。


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447306219
続きを読む
関連記事

▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!




PCマックス




ニュース速報まとめ | 【2015-11-13(Fri) 16:51:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 異論は認めるニュース速報まとめ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >