▼SNSの老舗。ここで出会えなきゃもう出会い系やめれwww


松坂大輔の右肩手術は複雑だった! 復帰は可能性の低い茨の道 はてなブックマークに追加 はてなブックマーク -  松坂大輔の右肩手術は複雑だった! 復帰は可能性の低い茨の道


1 名前:@Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2015/09/08(火) 15:25:06.20 ID:4lG/4mVY*.net

掲載日時 2015年09月08日 14時00分 [スポーツ]

 福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔(34)が右肩に“禁断のメス”を入れた。右肩内視鏡手術を受けて、退院した8月26日には「でき得る限りの完璧なリハビリをして、来季マウンドに戻ってきます」とコメントを発表したが、もうその雄姿は見られなかもしれない。
 「利き腕の肩を手術して、カムバックした投手は本当に少ない。日本ではそのまま引退した投手のほうが圧倒的に多い」(プロ野球解説者)

 手術に至るまでの動向を振り返ると、野球をやっているというよりも、単独でリハビリ施設に通ってばかりだった。
チーム関係者によれば、「近くアメリカに渡る予定です。専門施設で来年1月か、2月上旬までそこで過ごすことになる」とのこと。チームトレーナーは同行しないという。
 「伊藤智仁(元ヤクルト)、斉藤和巳(元ソフトバンク)は右肩にメスを入れ、そのまま引退しています。河原純一(現四国独立L)は復活しましたが、速球派ではなくなってしまった」(同)

 肩を手術するというリスクは、松坂も分かっていたはずだ。「内視鏡による手術」と発表されたが、前出のチーム関係者によれば、かなり複雑な手術が施されたようだ。
その内容は『右肩関節唇及び腱板クリーニング術』、『ベネット骨棘切除術』、『後方関節包解離術』で、3種類を一度に行ったという。要するに、肩関節を支える重要部位の関節唇の全てが重症だったわけだ。

 「この手術が癒えるのが半年後であり、そこからキャッチボールを再開させるわけです。投手としての技術、筋肉、スタミナや、術前との違和感が払拭されるまで最低でも一年は掛かる」(元在京球団トレーナー)

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:週刊実話 http://wjn.jp/article/detail/7490533/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441693506
続きを読む
関連記事

▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!




PCマックス




ニュース速報まとめ | 【2015-09-09(Wed) 16:51:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 異論は認めるニュース速報まとめ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >